心に残る一工夫されたビジネスメールの作成法

ビジネスメールはその性質上、マニュアル的な作り方になりやすいです。

季節のあいさつやマニュアルに掲載された無難の言葉が使われやすく、DMではありませんが、受け取ったユーザーが「また、このメールか」とマンネリを感じてしまいます。

ビジネスメールでマーケティングの成果を出したい方はマンネリを感じさせず、心に残る工夫をしましょう。

基本的な作成スタイルは普段通りし、文面の最初か最後にカジュアルな会話を挿入するのが効果的です。

相手と自分しか分からない特別な趣味の話題や世間のトレンドの会話を入れるのがオススメで、「昨日のバーベキューではお世話になりました。また今度もいっしょにお肉を食べましょう」等、ビジネス一辺倒ではない、人間関係に基づいたカジュアルな文面を挿入する事で、ビジネスライクではない、親密なメールというイメージを演出出ます。

また相手と比較的親密であれば、冗談のセリフや顔文字などを積極的に使ってみましょう。

ビジネスメールは確かにビジネスの連絡ですが、感情を上手く盛り込む工夫をする事で、DMらしさを削ぎ、友人的な親密さをPR出来ます。