失礼のないビジネスメール作成法

ビジネスメールで特に気を付けたいのは、何かを依頼するときです。

「会議の日程を教えて欲しい」、「予算を教えて欲しい」など簡単な依頼でしたら、特にメールの文面にこだわる必要はないですが、新規の資料作成など複雑な作業を依頼するときには、メールの作成法には注意が必要です。

メール文面には、以下の内容を記載すれば、失礼にならず、相手に自分の意図を伝えることができます。

・作成する資料の必要性(会議配布用、役員説明用など)

・作成する際のルール(Excel使用、グラフ化必須など)

・提出期限と提出先

・参考となる情報

今までにも同様の依頼をしたことがある相手であれば、メールを送るだけで十分ですが、あまり親しくない相手や、仕事に不慣れな人に依頼する場合には、メールを送った後で電話をすると、失礼にならず良い印象を与えることができます。

相手も安心感を持って依頼に取り組むことができますし、依頼メールの見落としを防ぐことができるという効果もあります。