他の人とは一味違うビジネスメール術

ビジネスメールとは、取引先やお客さんから頂いたメールや、上司から指示されたメールなどを言います。

一味違う返事の仕方や失礼にならないメールを送るにはどんなことを気をつけたらいいのかとても気になります。

出来れば上手に返事を返し、あわよくば好感度もあげてこれからの社会生活を円滑に送りたいです。

メールの言葉として、了解しました。を、承知しましたと打つと丁寧さがぐっとアップします。

言葉をなるべく丁寧さを意識して打つとまとまりも出ていい方向へ向かいます。

新人のビジネスメールは、ヘマを出してしまう確率が高いのでなるべく可能なら先輩や上司にメールを見てもらってから送る方法がいいです。

何度も確認をしてメールすることで伸びることがあり、わからなかったところもわかるようになります。

メールは言葉と違って形に残るものなので、なるべくメールからトラブルを発展させないように気をつけることが大事です。

メールからのトラブルは非常に多いので一文字一文字確認してから打つといいです。

何かやらかしても新人だから仕方ないということは言えないので、たかがメールと思わないように注意するのがいいです。

他に気をつけることは誤字脱字です。

誤字脱字をしても相手はスルーしますが、この人は仕事をきちんと出来ないんだなという烙印を押されてしまうので、しっかりとビジネスメールを打つようにするのがいいです。

気をつけることでたくさんのことを回避できるので確認することが大事です。